オートマスキングを行ったら、影の有無により、ひとつの壁面内が複数にエリア分けされてしまいます。

同一壁面内の複数のエリアを選択して、「エリアの結合」機能でひとつのエリアに結合することができます。彩色した際には影の陰影もカラーシミュレーションに反映されます。