メールマガジンを配信いたしました。(2016年1月4日号)

2016年01月04日
  

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。

昨年2015年、弊社は「チャレンジ」の年、さまざまなことに挑戦いたしました。

従来、年1回展示会出展しておりましたが、2015年は、リフォーム産業フェア(6月)、賃貸住宅フェア(8月)、ジャパンホームショー(11月)と3回出展、多くのお客様に直接弊社開発ソフトに触れていただくことができました。

また、ジャパンホームショーでは、タッチパネル研究所様とコラボさせていただき、新たな試みとして「タッチテーブル」上でカラーシミュレーションによるご提案をご紹介。小さくはiPad上でのご提案【i-カラーエクスプレス】から、大きくはタッチテーブル上でのご提案【カラーエクスプレス】まで、カラーシミュレーションによるご提案を幅広くアピールできるようになりました。

そして、なんと言っても最も斬新なチャレンジが、iPad営業支援ツール【RAINBOW】のリリース。

【RAINBOW】では、カラーシミュレーション1台につき100台のiPadを連携してお使いできるようになります。しかも、従来のカラーシミュレーションソフトではリフォーム会社様、施工会社様等の営業スタッフがカラーシミュレーションでご提案、というスタイルが、【RAINBOW】の導入により、iPadをお持ちのお施主様がiPad上で自由にカラーシミュレーションして色決めをしていただく、という新しい営業スタイルで満足度の高いご提案ができるようになります。

2016年の一押しの商品として展開していき、施主様にも「リフォームの前にカラーシミュレーション」という意識が高まるようにと願っております。

定番ソフトにつきましても、【カラーエクスプレス】Ver.8、【i-カラーエクスプレス】Ver.8、【計測エクスプレス】Ver.6をリリース、引き続きご好評いただいております。特に【i-カラーエクスプレス】では、お客様のご要望にもとづいて細かくバージョンアップを重ねており、【RAINBOW】とともにより多くのお客様にご活用いただければ幸いです。

今後もお客様のニーズにお応えしたシステム開発を全社一丸となって頑張っていく所存でございます。
本年も株式会社インターローカス並びに弊社製品【カラーエクスプレス】、【i-カラーエクスプレス】、【RAINBOW】、【計測エクスプレス】を引き続きご愛顧下さいますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年1月
代表取締役社長 篠田淳一